蒲鉾へのこだわり

原料へのこだわり

主原料について

鮮魚  河内屋の主原料である魚に関しては、養殖魚などは一切使用せず、大自然の海洋で産まれ育った天然の魚のみを使用して蒲鉾を作っています。特にスケソウダラに関しては、北洋のベーリング海で獲れたものを新鮮なうちにすり身に加工した高品質なものを使用しています。その他、アジア海域からキントキダイ、イトヨリダイ、グチなど蒲鉾に適した上質な白身魚のすり身を調達しています。

 また、国内からは北海道で水揚げされたスケソウダラやホッケ、長崎ですり身に加工したアジやイワシなどを河内屋の商品特性に応じて、独自のブレンドで丁寧に練り上げています。

 これらの天然魚のみを使用して作っている蒲鉾は、安心して美味しく食べる事が出来ます。

天然水について

黒部川源流  食品を製造する上で水は大変大きな役割を果たしますが、蒲鉾を作る上でも水は、味や食感に影響を及ぼす大変重要なものです。

河内屋が使用している水は、北アルプス立山連峰に降り積もった雪が、永い歳月を経て、その大自然によってろ過された天然の伏流水です。この水はミネラルを適度に含んでいて、口当たりが柔らかい天然水であり、蒲鉾の製造にも大変適していて、美味しい蒲鉾作りには欠かせません。

富山のお米やお酒が美味しいのも、この豊かな水の恵みなのです。

塩について

塩  蒲鉾を製造する上で味だけではなく、あの独特のもちっとした食感を作り出すために必ず必要なのが、ミネラルを含んだ塩です。

特にCa(カルシウム)とMg(マグネシウム)は魚の旨みを引き立て、蒲鉾の弾力、粘り、きめや風味を高めます。

河内屋では、そんなミネラルをバランス良く含んだ塩を使用しています。 →塩へのこだわりを詳しくみる

昆布について

昆布   「富山名産昆布巻かまぼこ」を作る上で大事なものが上質の昆布です。
 河内屋では、北海道道南地区でとれる幅広で最上級の真昆布のみを使用しています。
 中でも昆布の肉厚や、蒸し上げた時のすり身との相性、そして味のバランスなどを考え、道南地区小安産にこだわり続けています。

鮨蒲の具について

鮨蒲   河内屋伝統の鮨蒲に関しては、国産を中心に世界中より上質で天然のものを調達しています。

 従って一年を通じて常に作れない商品もありますが、味や品質に妥協せずに河内屋の味を守り続けています。

その他にも原材料に関しては一つ一つ吟味して、安全で安心して美味しく食べて頂ける蒲鉾作りの為に、最大限の注意を払いながら真剣に取り組んでいます。

特に魚に関しては限りある資源であるという事と、命ある地球の大事な資源を使わせて頂いているという事を強く認識して、作り過ぎない、余らせない、無駄に使わない、お客様に確実に食べて頂くという事を意識して、自然の恵みに感謝をしながら蒲鉾作りに取り組んでいます。