鮨蒲と細工蒲鉾

蒲鉾は富山の文化

富山では、かまぼこと言えば「昆布巻かまぼこ」。

富山名産「昆布巻かまぼこ」・一般的な「板付きかまぼこ」
普通にかまぼこと言うと、板についたかまぼこを想像されると思います。
酒の肴としての粋な食べ方である「板わさ」は、かまぼこに山葵を添えた、かまぼこの美味しい食べ方の一つで、誰もが知っていると思います。

しかし、富山県のかまぼこには板が付いていません!
他県には見られない独特のかまぼこ文化が育まれた土地柄の秘密は、かつて富山が北海道から大阪、薩摩へと重要な交易を行っていた海上航路の主要中継地であり、重要な交易品である昆布が北前船によって豊富にもたらされたことに由来します。

富山の先人達は富山湾で豊富に獲れる新鮮な魚をすり身にして、北海道産の真昆布で渦巻状に巻き上げた他県には例のない『富山名産昆布巻かまぼこ』を生み出したのです。
最近では、全国で昆布巻かまぼこ風な商品が作られていますが、富山の昆布巻かまぼこは富山の人々の生活や文化に浸透しており、身近な地場産品として昔から食べられて来ました。
従って富山では、普通にかまぼこと言うと、板付きのかまぼこではなく、昆布巻かまぼこが頭に浮かぶのです。

また、富山の人々は、昆布を食生活に積極的に取り入れてきました。
「昆布じめ刺身」や「にしんの昆布巻」などその他にも様々な昆布料理があります。
おにぎりと言えば「とろろ昆布」というのも特徴的で、富山の人々は昆布の美味しさと食べ方を熟知しているとも言えます。
昆布の産地ではない富山が、昆布の消費量日本一!というのもうなずけます。

かまぼこの歴史は古く、歴史で初めて登場したのが平安時代。
そして、かまぼこが板付きになったのが、安土桃山時代の頃と言われています。
その後、板付きのかまぼこが普及していく中で、富山では江戸時代に栄えた北前船の影響で、昆布巻かまぼこが独自の発展を遂げました。
昆布巻かまぼこは、当初は富山藩主への献上品として作られたのが始まりとも言われていますが、いずれにしても、その後、海沿いの地域でかまぼこ作りが活発化して行き、簡単に口に入ることのない高級品ではありましたが、徐々に富山の人々に馴染み深いものになって行ったと思われます。

すり身を板に乗せて蒸すという文化ではなく、すり身を昆布で巻いて蒸すという食文化を育てた富山において、その後、かまぼこを美味しく食べるための彩など工夫した同じく渦巻状の「赤巻かまぼこ」なども盛んに作られるようになりました。
富山ではうどんやそばはもちろん、ラーメンにも赤巻かまぼこを入れる事が多く、かまぼこは今でも大変身近な食品として、富山の人々に愛されています。

昆布巻かまぼこ製造の様子

もうひとつの富山の文化 芸を極める〜細工蒲鉾〜