河内屋の職人達

蒲鉾 丹右衛門

河内屋3代目 代表取締役 河内 肇(かわうち はじめ)。「蒲鉾丹右衛門」のWEBネームでほぼ毎日ブログを更新中。

店舗とWeb。コミュニケーションの形は変わっても、
お届けするサービスは変わりません。

河内屋は直営店を通じて、お客様と直に接するコミュニケーションを何よりも大切にして参りました。そして、インターネットを通して、世界中のお客様とのやりとりをさせていただく今、直営店と変わりないおもてなしとサービスを常にご提供することが河内屋の大切な一つと考えております。
直営店、電話等の通信販売、オンラインショップをご利用の全てのお客様に、「河内屋だから贈って安心できる」という信頼と「美味しく安全な蒲鉾」という品質を守り続けていきたいと思います。
直営店でお買い上げいただくのと同様に、河内屋オンラインショップをお気軽にご利用ください。いつでも河内屋店舗がお客様のそばにおります。

河内屋魚津本店/河内屋オンラインショップ
また、当サイトを通じて、河内屋の歴史や河内屋のかまぼこへの姿勢などを、お客様にお伝えできればと思っています。

河内屋のかまぼこ作りは、職人による「手作り」が基本。河内屋の財産は、かまぼこを作るために工場で働く職人たちに他なりません。
河内屋は工場が研究室。働く全ての人達が研究開発者という考えを持っています。美味しいかまぼこ作りに対する情熱は、誰にも負けないという気概で毎日かまぼこ製造を行っています。「河内屋の職人達」では、そういった芸術の域にまで高めたかまぼ作りの技術を持った職人たち、おもてなしの心を大事にする販売スタッフ、そして河内屋社員すべてに流れる「挑戦」「創造」「成長」の精神を感じていただけたら幸いです。

Blog 蒲鉾丹右衛門の徒然なるままに

2019年04月20日(土)

黒部市はももクロ春の一大事で凄いことに!
2019年4月20日ももクロ春の一大事2019in黒部.jpg
河内屋本社工場がある魚津市お隣の黒部市では、4月20日(土)と21日(日)は一大事になっています!

一大事の原因は!

ももクロ春の一大事2019が黒部市の宮野運動公園で開催されるからです。

近隣周辺のホテルも満室とのこと・・・凄いことになっていますね(笑)。

会場周辺の交通規制も上の写真の通りです。

それにしても、ももクロの人気は凄いですね。

ファンの年齢層も幅が広い!

実は2年前?に安倍総理主催の「首相と桜を見る会」に参加したことがあるのですが、その時にももクロと遭遇しました!

その時に撮影したものが下の写真(笑)。

小泉元総理秘書官だった飯島さんとももクロの写真です。

ということで天候に恵まれて良かったと思います。

参加される方は楽しんでください!

もちろん帰りのお土産は「河内屋のかまぼこ」ですよ!笑笑
2019年4月20日ももクロ春の一大事2019in黒部2.jpg

蒲鉾丹右衛門の徒然なるままに Blogはこちら